木造一筋 浅野のこだわり

大正10年の創業以来、私たちは地域に根差した会社でありたいと思い頑張って参りました。昔ながらの木造建築の工法を引き継いだ職人たちは、一切手抜きをすることなく自分たちの仕事に誇りを持って作業しております。
この絵図板は今ではあまり見かけなくなってしまいました。その名の通り、板に家の構造や平面を描いたもので、昔から木造建築の大工さんは図面を絵図板に書きおこし木材の刻み作業などを行っていました。最近の住宅は工場で木材をカットして現場で組み立てるプレカット工法が多く、大工が刻んで建てる家は少なくなってきているかもしれません。浅野工業の歴代の職人から受け継がれてきた「大工の手で刻む家」を大切にしながら新しく生み出される建築方法にも心を配り、必要なものは取り入れています。

家は、一生で最も大きな買い物だから

ぜひ、お客様の考えを私たちにお伝えください。どんな些細なことでも質問していただいて、分からないことは、分からないままにしておかずに一緒に家を考えていけたらと思います。 話をすることで、良い案が生まれていきます。


家は建ててしまえばそれで終わりではありません。手入れをすればずっと長く住むことができます。家族の移り変わりを家とともに歩んでいってほしい。そのお手伝いができたら、私たちは幸せです。
浅野工業株式会社
代表取締役 浅野博行
Asano's
  Commitment
PAGE TOP