おすすめの木材

  1. ホーム
  2. おすすめの木材

おすすめの木材

浅野工業株式会社では、場所や用途に応じた木材を使用するため、豊富な種類を取り扱っております。
ここでは代表的な木材をいくつかご紹介いたします。

ひのき【針葉樹ヒノキ科】

  • 本州福島以南から四国、九州、屋久島まで分布。
  • 天然林は木曽、飛騨、高野山、高知など。
    造林山地は尾鷲、天竜川、吉野、東濃、美作などが有名。
  • 常緑高木で、壮齢木の樹高は30~40mになり、樹形は卵形。
  • 鱗状の葉は先が丸く、葉の裏側には白色のY字型をした気孔群が見られる。花期は春で、秋には1cm前後の球果が熟す。

木造住宅におすすめの木材ひのき

用と美を兼ね備えた、最良の国産材。耐久性に富み、特有の香りを放つ。

桧の名前は、「火の木」。つまり、火起こしに使う木に由来すると言われています。
火を起こせるほど内部までよく乾燥していて、狂いも生じにくいという特性をもち、古くから建築に用いられてきました。

針葉樹の中では成長が遅く、同じ樹齢の杉よりも伐採期が遅いため、どうしても杉より割高になります。辺材は黄色っぽい白色で、芯材は淡い桃色。美しい艶のある木肌は緻密で、独特の香気を放ちます。

耐久性に優れた桧は家の全般で用いられ、特に建物の寿命に影響する柱や土台に最適です。
また、加工性にも優れ、丈夫で美しい木目は内部造作材や家具、工芸品にも用いられます。

木造住宅に欠かせない桧

↑TOPへ戻る

ヒバ【針葉樹ヒノキ科】

  • 北海道南部から四国、九州にかけて分布。
  • 天然林は青森ヒバが有名。造林山地は能登など一部。
  • ヒノキアスナロ、アテ、アスナロの総称。常緑高木で、樹高は20~30m。鱗状の葉の形が桧に似ているが、大型なので見分けやすい。灰褐色の樹皮が、薄く長く剥がれ落ちる。
  • 花期は5月。輸入材のベイヒバとは別種。

木造住宅におすすめの木材ヒバ

多湿な気候に負けない、白蟻に強い木。湿気に強く、耐蝕性は桧以上。

ヒバといえば、天然林の青森ヒバが有名ですが、これは北海道から東北地方に見られるヒノキアスナロという日本特産の樹種に当たります。そしてもうひとつヒバと称されるのが、本州から九州にかけてみられるアスナロで、建築材に使用されるのはヒノキアスナロの方です。

ヒバの特長は、第一に虫や木材腐朽菌に強いこと。昔から「ヒバ普請の家には蚊が3年は寄り付かない」といわれ、特に白蟻に対する強さはほかの樹種には見られないほどです。これは防蟻に有効な成分を含んでいるためで、ヒバは殺菌性のあるヒノキチオールの含有量が多いのです。腐りにくく、耐水性があって湿気にも強い、強度も桧と同等という特性を活かして、土台や柱、軒回り、浴室、濡縁、ベランダなどに用いられます。能登ヒバのうち、クサアテと呼ばれる素直な材は柱やフローリングに、樹液を含む重いカナアテは土台に利用されます。

↑TOPへ戻る

松【針葉樹マツ科】

【カラマツ】
天然林は本州北部から中部。人工林は北海道、東北地方、本州中部の寒冷地。針状の葉が短い枝に束になって生える。
【アカマツ】
北海道南部から四国、九州まで分布。樹皮は名前の通りの赤茶色。針状の葉は2葉性で、細長い。
【エゾマツ】
北海道に分布。長さ1~2cmの細い葉は平べったい。
トウヒ属なので、他の松とは性質が異なる。

木造住宅におすすめの木材まつ

伐採期を迎え、大径木も手頃。脱脂乾燥で、ねじれやヤニを解決。

アカマツは、特にヤニを含み、昔から手の触れる柱には用いず、手の届かない梁に利用されてきました。かたくて、ねじれる癖がありますが、力強いので構造材、主に造作材として使います。最近では輸入材の米松を多く使用しています。丸太梁として古民家などに使われています。最近では角材に加工した梁も用いられます。また2cmに切って本実加工したフローリング材もあり、カラマツ同様、人工的にヤニを抜く脱脂乾燥が行われています。

木造住宅に欠かせない松

↑TOPへ戻る

杉【針葉樹スギ科】

  • 本州の北部から四国、九州、屋久島まで分布。
  • 天然林は秋田杉、屋久杉、魚梁瀬杉などが有名。
  • 造林山地は秋田、西川、天竜川、尾鷲、吉野、智頭、木頭、日田など。
  • 桧と並ぶ代表的な針葉樹で日本固有の常緑高木。樹形は円錐形で、高さは40m、巨木では60mに達する。
  • 針状の細く短い葉は根元の方が太い。花期は3~4月で、秋に実が熟す。

木造住宅におすすめの木材すぎ

人工林が成熟し、蓄積量が豊富。各地で手に入る、手頃な価格の良材。

杉の名は、「直ぐ」「直ぐなる」からきているともいわれるように、ほぼ円形の樹幹が大地から真っ直ぐに伸びます。その素直さが表れた木目は、早材と晩材の差が明快で、やわらかい木肌は加工がしやすいのが利点です。芯材と辺材の差がはっきりしていて、辺材は淡い黄色を、芯材は濃い桃色をしたものが多く、源平と呼ばれる赤身と白太が縞模様になった材も取れます。

強度の確かな杉は、柱や梁などすべての構造材、床板や天井板などの内装材、建具材にまるごと利用できます。ただし、土台だけは、桧や栗、ヒバなどのかたい材が向き、杉の場合は、必ず赤身の芯持ち材を用います。

木造住宅に欠かせない杉

↑TOPへ戻る

栗【広葉樹ブナ科】

  • 北海道西南部から四国、九州まで分布。
  • 主産地は岩手、福島、長野、島根。
  • 落葉高木で、樹高は20~25m。
  • 葉の形は細長い楕円形で、長さは8~15cm。
  • 花期は6月。秋に鋭いイガに包まれた実が熟成する。

木造住宅におすすめの木材くり

「縁の下の力持ち」となる広葉樹

重くてかたくて粘りがあるので、土台に最も適しています。白蟻や木材腐朽菌に有効なタンニンを含んで腐りにくく、特に芯材は耐水性にも優れていることから、湿気の多い浴室などの水廻りにも用いられます。また、はっきりした木目や粗い肌目は独特な表情を生み、床柱や家具、工芸品などにも向きます。

↑TOPへ戻る

メイプル【カエデ科カエデ属落葉広葉樹】

産地/カナダ東部 アメリカ中西部、北東部など
用途/フローリング、家具、カウンター材

  • たまに杢目が鳥の目のような模様になりバーズアイと呼ばれ珍重される。
  • 硬質で肌目はち密で衝撃にも強い。
  • 建築材の他には、ボーリングのレーンや、ピン。楽器に使用される。

木造住宅におすすめの木材メイプル

↑TOPへ戻る

ホワイト・オーク【ブナ目ブナ科コナラ属落葉広葉樹】

産地/北米大陸の東部 南カナダからフロリダ北部にわたって広く分布。
用途/高級家具、フローリング、樽(特にウイスキーの樽)
木造住宅におすすめの木材ホワイト・オーク

↑TOPへ戻る

タモ【モクセイ科トネリコ属落葉広葉樹】

産地/北海道 本州北・中部 朝鮮 中国 サハリン シベリア
用途/家具、カウンター 天板 

  • 硬質で弾力性に富むため特にアオダモは野球のバットなどに使用される。

木造住宅におすすめの木材メイプル

↑TOPへ戻る