【スタッフブログ】浅野工業のスタッフが綴るブログです。家づくりやお客様との交流、日々のこと…。個人のプライベートや会社の裏話までお伝えします。

  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. 西阿知の家

西阿知の家

配筋確認

お施主様自らが平面図を考えて、家族で話し合って、手直しして、色々考えて、また少し手直しして、そして形になりました。

地盤改良に始まり、鉄筋を配筋、コンクリートを打設、基礎を作ります。

要所、要所、第3者の目で確認検査をしてもらいながら工事を進めていきます。

基礎ができたら、いよいよ上棟になります。

基礎出来形確認

朝早く出勤し、みんなでお茶を飲み梅干を食べてお浄めをします。(昔からの習わしとして、上棟の日の大切な儀式の一つです。)

上棟では、たくさんの柱を順番に起こし、梁や桁を組んでいきます。(棟梁の頭の中で、その順番は決められます。その順番で組みあがるように、墨かけをして、刻みをして、部材が加工されます。)

上棟

上棟式では、家族みんなで無事の完成を願いました。

設計図には、子供たちの部屋も 二階に 描きこまれていました。子供たちの成長とともに この家の歴史もはじまります。

健やかな成長と ご家族のますますの発展を お祈り申し上げます。

 

 

 

上棟式