Web見学会ツアー

  1. ホーム
  2. Web見学会ツアー
  3. 倉敷市I様邸

Web見学会ツアー/Case 03.土壁の家(倉敷市 I様邸) 工期:着手/H12年12月、完成/H13年12月、和型釉薬瓦茸、木造軸組工法

畳と土壁にこだわった日本家屋。

施主は畳屋さんなので、和の空間への強いこだわりがあり、全体で51枚(51畳)もの畳を使用しています! 2階に畳を敷くことにより、防音効果もUP!また、応接間には少し薄い畳を敷くなど、畳の使い分けも施されています。「家は呼吸している」と言うご主人。気密性の高い現代の家ではなく、湿気を感じながら自然と共存する昔ながらの木造住宅が完成しました。空間を広々と利用した設計で思わず深呼吸したくなる土壁の家です。


  • 階段で人が無理なくすれ違えるよう、幅も広くとりました。
  • お客様の声
    外壁には黒があざやかな「焼板」を使用しています。
  • お客様の声
    少しでも広く使うため、壁が柱のラインより内側で納まるようにお願いしました。

  • 「床の間」にも畳を敷いています。「畳床(たたみどこ)」と言います。

  • 廊下の幅は、専務が普通よりも少し広めに設計しました。使い心地が良くなるように配慮しました。

  • 純和風なら欄間は必須です。

  • 今では珍しい天井です。

  • 建具にもこだわり、細工入りのものを選んでいます。

  • 生花が楽しめる玄関になっています。
  • お客様の声
    和室ですがソファを入れています。でも結局畳が落ち着くので下に座っています(笑)

  • 庇が長いので、日差しよけができます。